国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

まさに「花人」フラワーデザイナー赤井勝さん

ども。奥様は外国人の素人主夫です。

 

春の高校野球が終わってしまいました。。

応援していた「美爆音」で有名な習志野高校は負けてしまい、

有終の美爆音とはなりませんでした。

 

優勝した東邦高校が素晴らしかったと思います。

 

そんな高校野球好きなワタクシは、

昼休憩中にネットで少しだけ試合観戦が出来ました。

 

そのときにどうしても気になったコマーシャルがあり、

ブログを書かずにはいられませんでした。

 

そのコマーシャルはといいますと、4/7放送予定の情熱大陸。

今回取り上げられるのは、フラワーデザイナーの赤井勝さん。

 

私は存じていなかったのですが、この赤井勝さんという方は、

ローマ法王にブーケを献上したこともある世界的に有名なアーティストとのことです。

 

なにが気になったかというと、

このコマーシャルの最後に少しだけ赤井勝さんのインタビューをみれるのですが、

そこが個人的に笑ってしまい。。

 

「僕はもう花になってしまいたい」

 

早く人間になりたい妖怪人間や、

貝になりたいといった映画はあったと思いますが、

花になってしまいたいというヒトは私は初めてみました。私個人の意見としましては、私はずっと人間でいたいです。

 

この強烈なインタビューにすごく興味をもったので、ググっていたら情熱大陸さんのサイトをみつけました。

 

www.mbs.jp

 

赤井勝さんの詳細や、私が強く興味を抱いたコマーシャルも見れるので

ご興味をもしお持ちいただけたらぜひチェックしてみて欲しいです。

 

花の下をごろごろしながら「あ、ここやなぁ。」

まず私はここでひとツッコミ。どこやねん。

 

そしてすぐ切り替わった画面では、

「僕はもう。。花になりたいと思ってるんですよ。」

熱い表情で語るその姿にワタシは一人でもうひとツッコミ。なんやそれ。

 

久しぶりに強烈な個性をお持ちの方をみて、興味津々でございます。

一発で赤井勝さんのファンになってしまいました。

 

赤井勝さんのホームページもあるので確認しましたところ、

過去の作品も一部みれ、見てみると凄いです。

花がほんとに生きているように見えます。

特に2012年10月のフランク・ミュラーでの作品に個人的には心奪われました。

 

私のお家にはテレビはございませんので、

リアルタイムではどうしても見れませんが、今回の情熱大陸がyoutubeでアップされることを心より待ち望んでおります。

 

熱い心をもつ赤井勝さんのファンになったので、

これからも追っかけていこうと思います。