国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

TOKAKUぶっ飛んでるロバート秋山さんのMV「TOKAKUKA」

ども。奥様は外国人の素人主夫です。

 

突然ですが、寝る前の習慣って皆様いろいろあるとございます。

私の場合は、基本youtubeでラジオを流しながら寝るのが習慣になっております。

奥様がいるので、もちろんイヤホンは装着致します。

 

お笑いのラジオなので、お互い寝ようとしているときに無音の中、私が急に笑い出したりするものですから奥様に時折真剣に心配されます。

 

そして昨日そのラジオを聞いていたら、もの凄く興味深い音楽がBGMで流れていました。調べてみたらお笑い芸人でロバートの秋山さんが歌っているようです。

 

 ロバート秋山さん作詞「TOKAKUKA」

www.youtube.com

 
TOKAKUKA

 

タイトルの「TOKAKUKA (とかくか)」って文字だけみて「兎角」をローマ字で表現しているのだと思ったのですが、正しくは「都か区か」のようです。

実に興味深いです。

 

歌の内容

内容はとにかくぶっ飛んでおり、意味が不明です。

とにかくあらゆる施設に対して、都がやっているものなのか、区がやっていものなのかをぶった切っていきます。

豆知識的な感じで、少し勉強になる部分が逆にイラっとします。笑

 

「都がやってる 東京芸術劇場」

「区がやってる 浅草公会堂」

(歌詞一部抜粋)

 

こんなぶっ飛んだ歌ですが、歌詞の一部に感動してしまいました。

「国の笑顔の窓口 俺がやってる」

 

ここの歌詞、なんかすごくかっこいいなと思っちゃいました。

意外なところで秋山さんの芸人魂のようなものを感じ、不覚にも熱いものを感じてしまいました。

 

もし面白いと思われた方がいらしたら、

youtubeで「TOKAKUKA」と検索すればフルバージョンのもアップロードされておりますので、ぜひチェックしてみてください♪

 

秋山さんの表情でまず笑え、ぶっとんだ歌詞でも更に笑えます。

意外に豆知識的なところもあり、クセの強い一曲となっております。

 

スポンサーリンク