国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

民意って凄い「103万人デモ」に思う事

夜景

 

最近あった香港のデモの話はご存知でしょうか。

私はこのニュースを知り、数の力って本当に強いと思い知らされました。

 

約103万人が、デモに参加したと記事には書かれておりました。

調べたところ、香港の人口は約734万人(2016年調べ)です。

その内の103万人と言えば約14%です。

 

ちなみに日本の人口は約1億2620万人(2019年5月調べ)で、

その内の14%といえば、約1766万人です。

そして東京都の人口は約1392万人(2019年5月調べ) 

 

中国の人口は約13億8000万人(wikipedia)
その内の14%といえば、1億9320万人です。
日本の人口を上回ってしまいますね。

 

国民の14%が参加するデモの規模が、どれほど大きいものか分かると思います。

余談ですが、香港の大きさは東京都の約半分くらいとのことです。
そう考えると、凄い人口密度ですよね香港。。

 

目次

 

香港人はなにに怒ってる??

ニュースをみると、ほんと物凄い数の人が抗議をしております。

そもそも何に彼らは抗議しているのでしょうか。

 

「逃亡犯条例改定案」

彼らは逃亡犯条例が改定されることに対して、猛反対をしております。

改定内容は、香港で捕まった人は、中国へ連れていかれて中国の法で裁かれるということです。

ちなみに現状は、香港は独自の法をもっており、それにのっとっております。

 

香港人が「逃亡犯条例改定」に猛反対する理由

私にとって、香港というのはあまりよく分からない国です。

中国なのか、香港という国として独立しているのか。

 

私は政治的なことは良く分かりませんので、そのことに関して私の考えを書くことは致しません。しかしなぜ、今回の条例改定に香港の方々が猛反対しているのかは、なんとなく分かります。

 

香港人は、香港と中国は全く別物。と強く思っていると感じます。

俗にいう「一国二制度」です。

たとえ中国という国であっても中身、ルールは全く異なるのです。かつてはイギリス領だった名残が、今もなお強く残っております。

しかし、大陸からの移住者が年々増加し、中国色がどんどん強まっているのも事実です。

 

そんな状況の中、今回の条例改定が可決されてしまえば、もう完全に香港は中国のもの。「一国二制度」は完全に崩壊してしまう。と香港人は大変恐れているようです。

 

その為、約103万人というとてつもない数の国民が、デモという動きを起こしました。

 

 

103万人のデモの凄さ

興味をもったので、100万人を超えるデモが過去にあったのか調べてみました。

私が調べた限り、韓国、アメリカ、ブラジルで過去に100万人を超えるデモがあったようです。

 

しかし、アメリカ、ブラジルに関しては一か所に100万人ではなく、複数都市にまたがって行われたデモに参加した合計が、100万人を超えたようなので、今回の103万人のデモとは少し異なります。

 

私が驚いたのが、韓国のデモです。

こちらは、約126万人の国民が今回の香港のように集まり、デモを行ったとのことです。しかも2016年なので、ごく最近です。こちらの映像もみましたが、本当に凄いです。

 

移動時間のわずかな時間でググっただけなので、誤りや抜けがあるかもしれませんが、一か所に一度に100万人以上のデモが行われたのは、過去に韓国と、今回の香港だけというのが、私の検索結果でございます。(全然違ったらすいません。^^;)

 

長い歴史の中で、これだけ少ないということは、100万人超えのデモがいかに凄いかということが分かります。 

 

103万人デモの結果

6/10に今回の改訂に関しての議会が行われる予定でしたが、今回のデモにより延期されたとのことです。延期されただけなので、小さい変化かもしれませんが、103万人というとてつもない数の民意が、香港政府をこのように動かしたと思います。

 

まだどうなるかは分かりませんが、この議会延期は大きな第一歩ではないかと私は感じております。改めて数の力って強いなぁと私は思いました。

 

まとめ

政治の話は、本当にいろんな考え方があるので、ここでは控えさせてもらいます。

ただ私が言いたいことは、これだけたくさんの人が一致団結すれば、結果はどうあれ国も動かせるということです。

 

一つ疑問に思うのは、これだけ国民が反対していることをわざわざ無理やり可決させることに意味ってあるのかなと。なんか香港の政治家は、香港国民の為ではなく、中国政府の為に政治活動を行っているように私は感じます。

 

どうなるかは分かりませんが、私が望むことは、香港国民も中国国民も幸せに平和に過ごせる国であって欲しいという事だけです。

争いごとを争いで解決するのはマイナスしか生みだしません。

 

ピース☆