国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

逃げるが勝ち。三瓶さん帰国に思う事

f:id:shiroutocooking:20190823143224j:plain

ヤフーニュースを見ていると、

サッカー日本代表長友選手の専属料理人見習いとしてトルコへ移住した三瓶さんが、ホームシックにより二か月で日本へ帰国したというニュースを目にしました。

 

目次

 

 

三瓶さんの気持ちが痛いほどよく分かります

同じ海外移住者の私としては、とても気持ちが分かるニュースです。

 

ホームシックだけが理由だとは思いませんが、本当にそれも理由の一つではないかと感じます。

 

三瓶さんの暮らしぶりは分かりませんが、全く知らない土地に移り住んで生活することは本当に大変です。

 

日本国内ですら、他県に移住するとなると最初は戸惑うと思います。

 

それが海外ともなると、本当に驚きの連続ばかりです。

電車だって知らない間に来る時間が変わりますし、そもそも時刻表なんて存在しない気がします。

 

乗ったら乗ったでめちゃうるさいし、車内で電話するのは当たり前ですし。

電車の中は静かにするものという概念は、全くありません。

ちっちゃい例ですが、これも価値観の違いだと思います。

 

うるさくしたら他の人に迷惑がかかる。人の迷惑になるような行為はしたらいけない。=日本

話したければ話せばいいし、話すことがないのならだまっておけばいい。=海外

(あくまで私の勝手な偏見です)

 

トイレがなかったり、めちゃ汚かったり。。

 

日本では当たり前だったことが、世界では全然違ったり、真逆だったりすることも多々ございます。

 

仕事面でも、人が嫌がることを率先してすることを美とする日本とは異なり(こう考えるのは私だけかもしれませんが)、自分の仕事でなければしないし、自分に向いていると思う事しかそもそもしないように私は感じております。

 

率先してしたとしても、あの人はあれをするのが好きなんだ。くらいにしか思われないと思います。

 

あることで、事前に連絡をもらっていたことと違うことになったとしても、変更に対する連絡はこちらから聞かない限り、めったにございません。

 

とにかく私も慣れるまでは本当に帰りたくてしょうがなかったです。ただ、私の場合は昔から一度は海外で勝負してみたい、どういう結果になっても海外で経験を積みたいと思っておりましたので、なんとか耐えました。

 

それに快く送り出してくれた前社の人に顔向けが出来なくなってしまうという気持ちも強かったです。

 

逃げるという選択をするにも勇気が必要

三瓶さんの早期帰国という決断は、とても立派なものだと思います。

せっかくの人生、本当に死ぬほど苦しいことが生じたらそこから逃げて、違う道へ行くことは私としては正解だと思うからです。

 

我慢した先に良いことがあるかもしれませんが、そんなのはやってみないと分かりません。帰る方が良いと思って帰ったのなら、帰って良かったと思える人生にすればいいだけです。

 

私の場合は、まだ数年ではありますが、耐えたからこそ日本にいたら絶対に味わえないような経験ができたと思っております。

 

ホテルのようなプール、ジム付きのマンション。

入り口にはコンシェルジュがいて、笑顔で出迎えてくれ。。

 

他にも、きっと日本にいたらこんな経験は出来なかっただろうという事がたくさんございます。だから私は、あのときすぐに逃げ出さなくて良かったと思っております。

 

しかしながら、あのとき帰るという決断をしていたとしても、残っていたら良かったと思わないように頑張っていたと思います。残るも帰るも決めるのは自分自身、その決断がよかったと思えるようにするのも自分自身。

 

大切なのは自分がどう決断し、その決断に対してどう生きるかだと私は思います。

なにも考えずに決めて、決めたことに対して責任を持たずダラダラ過ごしてしまえば、あのとき違う決断をしたらよかったなぁと思ってしまいます。

 

それが一番してはいけないことだと私は考えております。

 

まとめ

あまりに気持ちの分かるニュースだったので、長々と個人的なしょうもない意見を書いてしまいましたが、三瓶さんは永遠(とわ)に日本にいると仰っているようです。

 

私が思うことは、トルコへ移住する前の三瓶さんより、今の三瓶さんの方が絶対にパワーアップしているということです。

 

それは、目的がなにもなくてもただ生活するだけで大変なのが海外だからです。

海外出張なんかでは絶対に味わえないことが、経験できるからです。

 

日本しか知らない人よりも、海外を知った人の方がきっと人間としての幅が広がると私は考えております。

 

三瓶さんは、二か月とはいえトルコで生活したことで、間違いなく海外に住んだことのない人よりも世界に出るという事の難しさと苦しさを知っているはずです。

 

なので、きっとトルコへ移住する前よりもパワーアップしていると思います。

日本で、トルコへ行く前よりもパワーアップした三瓶さんが活躍されることを応援しております。

 

私もいつか帰国すると思いますが、そのときは人間として成長した自分がきっとそこにはいると信じております。また、そうなるよう頑張ります。

 

ピースアウト☆