国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

初めて魚料理に挑戦する人にとって最も簡単な料理「鮭のホイル焼き」

ども。奥様は外国人の素人主夫です。

 

私には関係のないことなのですが、

日本の皆様のGWは10連休なんですね。。羨ましい。。

 

私が日本で働いているときは10連休なんて未体験ゾーンです。

私だったらどう過ごすかなぁと移動中考えてみました。

恐らく初日ごろごろ。翌日から4泊5日で海外旅行。帰国翌日アンパッキングとごろごろ。その翌日1泊2日で国内温泉旅行。最終日ごろごろ。

 

夢がありますね~。

でもGW期間中の旅行はきっと値が張りますね。。日本はもっと祝日よりも有給とかで大型休暇をとる習慣にした方が、旅行の人込みも分散出来ていいのにと昔から感じております。

 

それにしても羨ましい。。ただのないものねだりです。笑

奥様とまだ温泉旅行をしたことがないので、いつか部屋に露天風呂がついているような旅館に旅行へ行こうと、二人夜な夜な語り合っております。

 

そんな無駄な妄想に夢を膨らませながら、

最近魚を食べていなかったので本日は魚を食べようとふと思いました。

 

さっそく鮭を購入し、ホイル焼きに初チャレンジしてみました。

 

こんな簡単に作れるんや「鮭のホイル焼き」

鮭のホイル焼き

焼く必要もなく、引っくり返して身がボロボロになっちゃうということもなく、

しかも簡単。まさに画期的な調理方です。考えた人天才だと思います。

 

材料&作り方 (1人分)

  • 鮭 (切り身1枚)
  • 玉ねぎ (1/4玉)
  • しめじ (1/3株)
  • 塩、胡椒
  • 酒 (大さじ1/2)
  • 醤油 (大さじ1)
  • バター (大さじ1/2程度)
  • マヨネーズ (適量)
  • レモン (輪切り1枚) 

 

  1. アルミホイルの上に油をひき、キッチンペーパーで薄くのばす
  2. カットした玉ねぎ、しめじを敷き、軽く塩をふる
  3. 塩、胡椒、酒を鮭にかけ、2の上にのせる
  4. 鮭の上に軽くマヨネーズをかけ、バターとレモンをのせ、大さじ1程度の醤油を回しかける。
  5. アルミホイルを完全に密封させ、フライパンにおく。(不要っぽいのですが、私はフライパンに直におくとフライパンが痛そうなので、150cc程お水を入れて作りました。)
  6. 蓋をして、中火の弱火で15分程放置したら完成です!  

 

鮭のホイル焼き

こんな簡単に作れて、しかも美味しいなんて。。なんとも憎いやつです。

サーモン好きの奥様も大変美味しいと言ってくれ、本日はご飯をおかわりもされておりました。ただのわんぱくです。笑

 

私的には、底にある玉ねぎが甘くてとても美味しかったです。

 

魚を家で食べたいけどめんどくさいし、料理もしたことないという方にはおススメです。個人的にはこれが一番簡単な調理法と感じました。

私でも出来たので、ぜひ一度お試しいただきたく存じます。

 

ようやく木曜日。

あと一日頑張りましょう☆

 

スポンサーリンク