国際結婚した素人主夫が奥様のために作る手料理

料理素人の旦那が、奥様のために、こころをこめて、手料理を作ります

愛情たっぷり愛夫弁当

なんかここ数日寒いです。

寒さで目が覚めるとだいたい奥様に布団をすべて奪われております。。

 

ども。奥様は外国人の素人主夫です。

 

昨晩就寝前、奥様から明日お弁当をつくってくれたら大変助かると急な依頼ありました。「why don't you tell me earlier?! (なんでもっとはよ言えへんねんボケ)」

こういうときは普段の会話が英語でよかったと思います。

 

英語で言うとあまりきつくないと思うのですが、関西弁で話していたらおそらく私は()の言葉を奥様に言っていると思います。そうなると、きっと日英戦争勃発です。

でも英語ではソフトになるので、戦争にはいたりません。^^v

 

それにしてもボケってないですよね、ボケって。関西弁っていうのはよくよく考えると怖いです。

ボケまでがワンセットなんです。そこまで言って文章が成立するのです。

別にそこまで言わなくてもいいのですが、なんかノリだと思います。

口が自然と動いています。

*私のただの偏見かもしれないので、関西人がみんなそうだと思わないでください。

 

話を聞くと、どうやらランチ仲間が今日はいないようでお弁当にしたいとのことです。

そして朝6時。気づいたら私はキッチンに立っていました。

なんと従順なシモベだと自分のことを思いながら、愛情いっぱいこめて作りました。

 

実はラッキーなことに私も今日は弁当男子の予定でした。

なので一部すでに下準備済みでございました。

本日の愛夫弁当はこちらです。

 

f:id:shiroutocooking:20190327113745j:plain



 

  • トマトスパゲッティ
  • 白身魚のフライwith自家製タルタルソース
  • 卵焼き
  • サラダwithアボカドドレッシング

 

女子の弁当箱ってほんと小さいですよね。

学生時代から思っていました。彼女たちはあれでお腹いっぱいだったのかな。

今思えば、あのときそういう会話もしてみればよかった。

あの当時のシャイなワタクシは、自分から女子とそんな会話を楽しむという勇気はございませんでした。

 

なので、写真は忘れたのですが、これとは別に小さめのオカカのおにぎりも奥様へ別に渡しました。

 

銀紙がいっぱい見えると思いますが、アルミホイルで自分で作った仕切りです。

見た目はよくないですが、これしたら洗い物がラクなので。

ほんとなんか段々本物の主夫に近づいてきているようで照れちゃう。^^;

 

奥様は喜んで食べてくれているかなと思いながら私も同じ弁当をいただきます♪